【法改正】マイナンバーのスタートに向けて、やっておきたいこと

内閣官房のマイナンバーのサイトに以下のようなQ&Aがあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q2-1 マイナンバー(個人番号)はいつどのように通知され、いつから使うのですか?

A2-1 マイナンバーは、平成27年10月の第1月曜日である5日時点で住民票に記載されている住民に指定され、それ以降、市区町村から住民票の住所に簡易書留で郵送されます。

マイナンバーの利用については、平成28年1月以降、社会保障、税、災害対策の分野で行政機関などに提出する書類にマイナンバーを記載することが必要になります。

例えば、所得税の確定申告の場合、平成29年2~3月に行う平成28年分の確定申告からマイナンバーを記載することになります。(2015年4月回答)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように、マイナンバーは住民票の住所に郵送されますので、転勤などが多く住民票の変更手続きを怠っている場合、期日に手元に届かないことが想定できます。

そうなると、会社がマイナンバーの取得をできない事態になりかねません。

よって、従業員に対して住民票がマイナンバーを受け取れる住所になっているか?の確認をしておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★マイナンバー実務安心パックのご案内★

規程の作成、業務フローのチェック、社内研修の実施まで自社内で完結できる商品をご案内します。

是非、ご活用下さい!

↓ 詳しくは画面をクリック ↓
バナー


お問い合わせ
フォレスト社会保険労務士事務所 貴社の人事部として "机上の空論"に留まらない ご支援をさせて頂きます!
〒550-0002 大阪市西区江戸堀3-1-19フェスタ江戸堀202
TEL:0120-793520
Copyright© 2012 フォレスト社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.