中小企業庁が中小企業白書・小規模企業白書を公表(生産性向上に向けた取組などを分析)

 

中小企業庁が中小企業白書・小規模企業白書を公表(生産性向上に向けた取組などを分析)

中小企業庁から、平成30年4月に、「2018年版中小企業白書・小規模企業白書」が公表されました。

深刻化する人手不足の現状を分析した上で、中小企業・小規模企業の生産性向上に向けた取組について、

分析が行われています。以下で、概要を紹介します。

 

―――――― 中小企業白書・小規模企業白書の要約(生産性向上など)――――――

 

 

 <中小企業白書より>

 

 ●中小企業については、景況感は改善傾向にある一方、大企業との生産性格差は拡大しているとして、

「生産性の向上が急務」と指摘しています。

 ●具体的には、次のような取組が重要としています。

 

・生産性向上の鍵となる業務プロセスの見直し

・人材活用面での工夫による労働生産性の向上

・IT利活用による労働生産性の向上

・設備投資による労働生産性の向上

・M&Aを中心とする事業再編・統合を通じた労働生産性の向上

 

*IT導入等を行う上でも業務プロセスの見直しは大前提。次の参照

 

6月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<小規模企業白書より>

 

○小規模企業においても、次のような取組が重要としています。

 

・業務の見直し

・IT利活用による労働生産性の向上

・設備投資による労働生産性の向上

・企業間連携及び事業承継による労働生産性の向上

 

○また、小規模企業については、経営者に業務が集中しているという問題もあり、「IT導入等による経営者の業務効率化が急務」と指摘しています。

 

☆人手不足の現状の中で、いかに生産性の向上を図っていくのかが課題といえそうです。

  白書では、好事例も紹介されています。詳しく知りたいときにはお声かけください。内容を踏まえたアドバイスをさせていただきます。

 

 

 

 

 

お問い合わせ
フォレスト社会保険労務士事務所 貴社の人事部として "机上の空論"に留まらない ご支援をさせて頂きます!
〒550-0004 大阪市西区靭本町3-3-3サウザント岡崎橋8F
TEL:0120-793520
Copyright© 2012 フォレスト社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.